仲人女将の婚活ブログ

仲人女将の婚活ブログ

真剣交際のタイミング

18.12.24

今日はクリスマスイブ🎄
休日ということもあって、いつも以上に盛り上がりそうな一日。

友達と一緒に騒ぐのも楽しいし、家族と過ごすクリスマスだっていい思い出。
もちろん彼や彼女と過ごせたら最高ですよね、、、

そやけど彼や彼女がいなくても一人ぼっちじゃないし、
むしろ一人のクリスマスを楽しむ!くらいの余裕がないと
変なもんを心の隙間に入れてしまう怖さだってあります。

人と比べて焦る、一人は寂しいから焦る、、、これは危険信号です!

さて、お見合いして交際が成立し一般交際(お友達付き合い)が始まると
1ヵ月くらいで真剣交際(結婚を前提とした交際)を申し込む男性がいます。

1ヵ月というとその間一体何回デートしてどのくらいお相手のことがわかったんですか?
というような期間。
おそらく4,5回も会っていれば多い方でしょう。

もちろん真剣交際にするかどうかは二人の意向が合致することが前提です。

女性の方は
「もう少し時間をかけてみてみたい。」と言ってるにもかかわらず、
(女性にとって安易に真剣交際にすることは、大きな時間のリスクを伴い兼ねません。)

「僕はもう誰ともお見合いしていないのに、
もし真剣交際にしてくれないなら時間がもったいない!」
とか、
「一体いつまで待てば真剣交際にしてくれるのか?」
とか、
「待つけれどもその間誰ともお見合いしないで欲しい。」
とか、
自己中心的で一方的な考えを強引に押し付けようとする男性がいます。

誠実な女性ならその気持ちに応えないと申し訳ない
と、自分を責めてしまう可能性だってあります。

一般交際(お友達付き合い)のあいだは色々な方とお見合いして、
複数交際するのは男女共に当然のルールであって権利です。

「お見合いもしていないのに、、、」という発言に対して言えるのは、
「それはあなたの勝手ですから、ご自由にどうぞ、、、」
ということですよね、、、

そういう時にこそお人柄が表れるんです。
そんな人って誠実といえますか、、、
あなたの意向も尊重してくれる男性ですか、、、

穏やかで落ち着いた、安心できる結婚生活を送れるお相手かどうか、
しっかり見極めないとえらいことになります。

その強引さ、自己中心的な考えを
「頼もしい!」
とか、
「それくらい私のことを想ってくれてるんやわ~」
とか、
まるで王子様が表れたかのように錯覚してしまうと、
真実を見ようとしなくなってしまいます。

つまり、目をつぶってしまう、ということ。
目をつぶったり、耳をふさいでいては、肝心の真実、、、お人柄が全くわかりません。

成婚だけが目的ではなく、大切なのはその先の結婚生活です。

何十年と言う長い結婚生活を一緒に過ごすお相手選びですから、
慎重すぎるくらいがちょうどです。
焦りは禁物!

自分のことは自分ではなかなかわからない、
客観的にみながらアドバイスしてくれる仲人の存在は不可欠です!!

 

「人生も婚活も笑って楽しく!」

京の良縁処 takumi
仲人女将 岡田 宏美

=========

京都の結婚相談所
takumi ブライダルサロン

〒604-8118
京都市中京区堺町通三条下る道祐町141 一文ビル4F
( イノダコーヒー本店斜め向い )
・地下鉄「烏丸御池駅」 : 5番出口から徒歩5分
・地下鉄「四条駅」から徒歩8分
・阪急「烏丸駅」から徒歩8分

Tel:075-441-1188
携帯電話:090-8235-8811

営業時間:10時~20時
=========